データのサニタイズ

Sanitize クラスは、 2.4 から非推奨で、CakePHP 3.0 で削除されます。 Sanitize クラスを使用する代わりに、CakePHP の他のパーツ、 PHP ネーティブ関数や その他のライブラリを使用して、同じタスクを成し遂げることができます。

入力のフィルタリング

Sanitize クラスの破壊的な入力フィルタリング機能を使う代わりに、あなたのアプリケーションで受け入れる ユーザーデータに対して、 より徹底して データバリデーション を適用するべきです。 不正な入力を拒否することによって、ユーザーデータの破壊的な変更の必要性がなくなります。 また、ユーザー入力を変更したい場合、 PHP のフィルタ拡張 を 見てください。

HTML データを受信

しばしば入力フィルタリングは、ユーザーが送信した HTML を受信する時に使われます。 これらの場合、 HTML Purifier のような専門の ライブラリを使用するのがベストです。

SQL のエスケープ

CakePHP は、Model::find()Model::save() に対して 全てのパラメータで SQL エスケープ処理をします。まれにユーザ入力を使って SQL を手で組む必要がある場合、 準備済みステートメント を使用すべきです。