フォームの保護

class FormProtection(ComponentCollection $collection, array $config = [])

フォーム保護コンポーネントは、フォームデータの改ざんから保護する仕組みを提供します。

すべてのコンポーネントと同様に、いくつかの設定可能なパラメータを使用して設定します。 これらのプロパティはすべて直接設定するか、コントローラの initialize() メソッドや beforeFilter() メソッドの中にある同じ名前のセッターメソッドを使って設定することができます。

もし、startup() コールバックでフォームデータを処理する他のコンポーネントを使用している場合は、 initialize() メソッドの中で、必ず FormProtection Component を それらのコンポーネントの前に置いてください。

注釈

FormProtectionコンポーネントを使用するときは、必ず FormHelperを使用して フォームを作成してください。また、フィールドの「名前」属性を上書き してはいけません 。 FormProtection コンポーネントは、FormHelper によって作成・管理される特定の指標を探します。 (特に View\Helper\FormHelper::create()View\Helper\FormHelper::end() で作成されたもの)

POST リクエストで送信される動的なフィールド変更 (JavaScriptによる無効化、削除、新規フィールドの作成など) を使用すると、フォームトークンのバリデーションに失敗する可能性が高くなります。

フォームの改ざん防止

デフォルトでは FormProtectionComponent はユーザが特定の方法で フォームを改ざんすることを防ぎます。例えば、次のようなことを防ぐことができます。

  • フォームのアクション(URL)は変更できません。

  • 未知のフィールドをフォームに追加することはできません。

  • フォームからフィールドを削除することはできません。

  • 隠し入力の値を変更することはできません。

このようなタイプの改ざんを防ぐには FormHelper を使って どのフィールドがフォームにあるかを追跡することで可能になります。 隠されたフィールドの値も追跡されます。これらのデータはすべて結合されてハッシュ化され、 隠されたトークンフィールドは自動的にフォームに挿入されます。 フォームが送信されると、FormProtectionComponent は POSTデータを使って同じ構造を作り、ハッシュを比較します。

注釈

FormProtectionComponent はセレクトボックスのオプションの追加や変更を防ぎ *ません* 。 また、ラジオボタンのオプションの追加や変更も防ぎません。

使用方法

セキュリティコンポーネントの設定は通常コントローラの initialize() または beforeFilter() コールバックで行われます。

利用可能なオプションは以下の通りです。 :

validate

false に設定すると、POSTリクエストのバリデーションを完全にスキップし、 本質的にフォームのバリデーションをオフにします。

unlockedFields

POSTのバリデーションから除外するフォームフィールドのリストを設定します。 フィールドのロックを解除するには、コンポーネントで行うか FormHelper::unlockField() を使用します。 ロックが解除されたフィールドは POST の一部である必要はありませんし、 ロックが解除されていない非表示のフィールドの値はチェックされません。

unlockedActions

POSTのバリデーションチェックから除外するアクションを設定します。

validationFailureCallback

バリデーションに失敗した場合に呼び出すコールバックを指定します。 有効なClosureでなければなりません。 デフォルトでは未設定で、検証に失敗した場合は例外がスローされます。

フォームの改ざんチェックを無効にする

namespace App\Controller;

use App\Controller\AppController;
use Cake\Event\EventInterface;

class WidgetsController extends AppController
{
    public function initialize(): void
    {
        parent::initialize();

        $this->loadComponent('FormProtection');
    }

    public function beforeFilter(EventInterface $event)
    {
        parent::beforeFilter($event);

        if ($this->request->getParam('prefix') === 'Admin') {
            $this->FormProtection->setConfig('validate', false);
        }
    }
}

上記の例では、管理者用プレフィックス付きルートのフォーム改ざん防止機能を無効にしています。

特定のアクションのためにフォームの改ざんを無効にする

アクションに対してフォームの改ざん防止を無効にしたい場合があるかもしれません。 (例えばAJAXリクエストの場合) これらのアクションを beforeFilter() 内の $this->Security->unlockedActions にリストアップすることで「ロックを解除」することができます。

namespace App\Controller;

use App\Controller\AppController;
use Cake\Event\EventInterface;

class WidgetController extends AppController
{
    public function initialize(): void
    {
        parent::initialize();
        $this->loadComponent('FormProtection');
    }

    public function beforeFilter(EventInterface $event)
    {
        parent::beforeFilter($event);

        $this->FormProtection->setConfig('unlockedActions', ['edit']);
    }
}

この例では、編集アクションのすべてのセキュリティチェックを無効にします。

コールバックによる検証失敗の処理

フォーム保護の検証に失敗した場合、デフォルトでは400エラーになります。 この動作は validationFailureCallback 設定オプションを コントローラのコールバック関数に設定することで設定できます。

コールバックメソッドを設定することで、失敗処理の動作をカスタマイズすることができます。

public function beforeFilter(EventInterface $event)
{
    parent::beforeFilter($event);

    $this->FormProtection->setConfig(
        'validationFailureCallback',
        function (BadRequestException $exception) {
            // You can either return a response instance or throw the exception
            // received as argument.
        }
    );
}