Appクラス

class Cake\Core\App

App クラスはリソースの位置とパスの管理を担当します。

クラスの検索

static Cake\Core\App::classname($name, $type = '', $suffix = '')

この方法は CakePHP 全体でクラス名を解決するために使われます。 CakePHP が使用する短い形式の名前を解決し、完全解決されたクラス名を返します。

// 短いクラス名を名前空間とサフィックスで解決します。
App::classname('Auth', 'Controller/Component', 'Component');
// Cake\Controller\Component\AuthComponent を返します

// プラグイン名を解決します。
App::classname('DebugKit.Toolbar', 'Controller/Component', 'Component');
// Returns DebugKit\Controller\Component\ToolbarComponent

// \を含む名前はそのまま返されます。
App::classname('App\Cache\ComboCache');
// App\Cache\ComboCache を返します。

クラスを解決する時、 App 名前空間による解決が試みられ、 もしそのクラスが存在しなければ Cake 名前空間による解決が行われます。 もし両方のクラス名が存在しない場合、 false が返されます。

名前空間のパスの検索

static Cake\Core\App::path(string $package, string $plugin = null)

規約上のパスについて位置を得るために使われます。

// あなたのアプリケーション中の Controller/ までのパスを得ます
App::path('Controller');

これはアプリケーションを構成するすべての名前空間に対して行うことができます。 プラグインに対しても取得できます。

// DebugKit 中のコンポーネントのパスを返します
App::path('Component', 'DebugKit');

App::path() は既定のパスのみを返し、 オートローダーに設定された追加のパスに関するいかなる情報も返しません。

static Cake\Core\App::core(string $package)

CakePHP 内部のパッケージのパスを検索するために使われます。

// Cache エンジンのパスを得ます
App::core('Cache/Engine');

プラグインの検出

static Cake\Core\Plugin::path(string $plugin)

プラグインは Plugin によって検出されます。 たとえば Plugin::path('DebugKit'); を使うと、DebugKit プラグインのフルパスが得られます。

$path = Plugin::path('DebugKit');

テーマの検出

テーマはプラグインなので、テーマのパスを取得するには上のメソッドを使うことができます。

ベンダーファイルの読込

理想的にはベンダーファイルは Composer でオートロードされるべきで、 もし Composer でベンダーファイルをオートロードまたはインストールできない場合、 それらを読み込むために require を使う必要があるかもしれません。

もしライブラリーを Composer でインストールできないのであれば、Composer の規約に沿ったディレクトリーである vendor/$author/$package に各ライブラリーをインストールするのが最善です。 もし AcmeLib というライブラリーを持っていたなら、 vendor/Acme/AcmeLib にインストールするのです。 仮に PSR-0 互換のクラス名を使ってないとしたら、 あなたのアプリケーションの composer.json 中で次のようにオートロードできます。

"autoload": {
    "psr-4": {
        "App\\": "App",
        "App\\Test\\": "Test",
        "": "./Plugin"
    },
    "classmap": [
        "vendor/Acme/AcmeLib"
    ]
}

もしもあなたのベンダーライブラリーがクラスを使っておらず、 代わりに関数を提供する場合、 files オートロードの手法を使って 各リクエストの最初にそれらのファイルを読み込むように Composer を設定することができます。

"autoload": {
    "psr-4": {
        "App\\": "App",
        "App\\Test\\": "Test",
        "": "./Plugin"
    },
    "files": [
        "vendor/Acme/AcmeLib/functions.php"
    ]
}

ベンダーライブラリーの設定をした後はあなたのアプリケーションのオートローダーを再生成する必要があります。

$ php composer.phar dump-autoload

もしもあなたのアプリケーションで Composer を使っていないとしたら、 自分ですべてのベンダーライブラリーを手動で読み込む必要があるでしょう。