String

String クラスは文字列の作成や操作に便利なメソッドを含み、スタティックにアクセスできます。例: String::uuid()

uuid

uuid メソッドは RFC 4122 にもとづきユニークな識別子を作成するために使用します。 uuid とは 485fc381-e790-47a3-9794-1337c0a8fe68 というフォーマットの128ビットの文字列のことです。

String::uuid(); // 485fc381-e790-47a3-9794-1337c0a8fe68

tokenize

string tokenize ($data, $separator = ‘,’, $leftBound = ‘(‘, $rightBound = ‘)’)

文字列を $separator を用いてトークン化します。 $leftBound$rightBound の間にある $separator のインスタンスは無視されます。

insert

string insert ($string, $data, $options = array())

insert メソッドは、文字列のテンプレートを生成し、キー/値の置換をするために使用されます。

String::insert('My name is :name and I am :age years old.', array('name' => 'Bob', 'age' => '65'));
// "My name is Bob and I am 65 years old." を生成します。

cleanInsert

string cleanInsert ($string, $options = array())

$options 内の ‘clean’ キーに従って指定された $options を使用して Set::insert でフォーマットした文字列をきれいにします。デフォルトのメソッドは text ですが、html も有効です。この関数の目的は、Set::insert で置換されない、すべてのスペース文字やプレースホルダー周辺の不必要なマークアップを置換することです。

以下のオプションをoptions配列で使うことが出来ます。

$options = array(
    'clean' => array(
        'method' => 'text', // or html
    ),

    'before' => '',
    'after' => ''
);