コンポーネント

コンポーネントはコントローラー間で共有されるロジックのパッケージです。 CakePHP には、様々な共通のタスクを支援するための素晴らしいコアコンポーネントが 用意されています。あなた独自のコンポーネントも作成できます。 もしコントローラー間で コピー&ペーストしたい箇所があった場合、その機能を含むコンポーネントの作成を 検討しましょう。コンポーネントを作成することで、コントローラーのコードを綺麗に保ち、 プロジェクト間のコードの再利用につながります。

CakePHP の中に含まれるコンポーネントの詳細については、各コンポーネントの章を チェックしてください。

コンポーネントの設定

コアコンポーネントの多くは設定を必要としています。コンポーネントが設定を 必要としている例は、 認証クッキー などにあります。これらのコンポーネントや 一般的なコンポーネントの設定は、通常、お使いのコントローラーの initialize() メソッド内で loadComponent() を使用するか、 $components 配列を介して行われます。

class PostsController extends AppController
{
    public function initialize()
    {
        parent::initialize();
        $this->loadComponent('Auth', [
            'authorize' => 'Controller',
            'loginAction' => ['controller' => 'Users', 'action' => 'login']
        ]);
        $this->loadComponent('Cookie', ['expires' => '1 day']);
    }

}

config() メソッドを使用して、実行時にコンポーネントを設定することができます。 しばしば、コントローラーの beforeFilter() メソッドで行われます。 上記は、次のように表現することもできます。

public function beforeFilter(Event $event)
{
    $this->Auth->config('authorize', ['controller']);
    $this->Auth->config('loginAction', ['controller' => 'Users', 'action' => 'login']);

    $this->Cookie->config('name', 'CookieMonster');
}

コンポーネントは、ヘルパーと同じように、コンポーネントのすべての設定データを 取得および設定するために使用されている config() メソッドを実装しています。

// 設定データの読み込み
$this->Auth->config('loginAction');

// 設定をセット
$this->Csrf->config('cookieName', 'token');

コンポーネントは、ヘルパーと同じように、config() でアクセス可能な $_config プロパティーを作成するためにコンストラクターの設定で自分の $_defaultConfig プロパティーを自動的にマージします。

コンポーネントの別名

共通設定の一つに className オプションがあります。このオプションを使うと コンポーネントに別名をつけられます。この機能は $this->Auth や 他のコンポーネントの参照を独自実装に置き換えたい時に便利です。

// src/Controller/PostsController.php
class PostsController extends AppController
{
    public function initialize()
    {
        $this->loadComponent('Auth', [
            'className' => 'MyAuth'
        ]);
    }
}

// src/Controller/Component/MyAuthComponent.php
use Cake\Controller\Component\AuthComponent;

class MyAuthComponent extends AuthComponent
{
    // コア AuthComponent を上書きするコードを追加
}

上記の例ではコントローラーにて MyAuthComponent$this->Auth という 別名 をつけています。

注釈

別名を付けられたコンポーネントはコンポーネントが使われるあらゆる場所の インスタンスを置き換えます。これは、他のコンポーネントの内部を含みます。

コンポーネントの動的ロード

すべてのコントローラーアクションで全コンポーネントを使えるようにする必要は ないかもしれません。このような状況では、お使いのコントローラーで loadComponent() メソッドを使用して、実行時にコンポーネントを ロードすることができます。

// コントローラーのアクションの中で
$this->loadComponent('OneTimer');
$time = $this->OneTimer->getTime();

注釈

動的にロードされたコンポーネントはコールバックされないことに注意してください。 もし、 beforeFilter または startup コールバックに依存している場合、 あなたのコンポーネントをロードするときに手動でそれらを呼び出す必要があります。

コンポーネントの使用

一旦、コンポーネントをコントローラーに読込んでしまえば、使うのは非常に簡単です。 使用中の各コンポーネントはコントローラーのプロパティーのように見えます。 もし、 Cake\Controller\Component\FlashComponent を コントローラーに読込んだ場合、以下のようにアクセスすることができます。

class PostsController extends AppController
{
    public function initialize()
    {
        parent::initialize();
        $this->loadComponent('Flash');
    }

    public function delete()
    {
        if ($this->Post->delete($this->request->getData('Post.id')) {
            $this->Flash->success('Post deleted.');
            return $this->redirect(['action' => 'index']);
        }
    }

注釈

モデルとコンポーネントの両方がプロパティーとしてコントローラーに追加されているので、 それらは同じ「名前空間」を共有しています。 コンポーネントとモデルに同じ名前を付けないように注意してください。

コンポーネントの作成

アプリケーションの様々な箇所で複雑な数学的処理を必要としている オンラインアプリケーションを仮定して下さい。 これから、コントローラーの様々な箇所で使うための共有ロジックを集約するための コンポーネントを作成します。

はじめに、新しいコンポーネントファイルとクラスを作成します。 src/Controller/Component/MathComponent.php にファイルを作成します 。 コンポーネントのための基本的な構造は次のようになります。

namespace App\Controller\Component;

use Cake\Controller\Component;

class MathComponent extends Component
{
    public function doComplexOperation($amount1, $amount2)
    {
        return $amount1 + $amount2;
    }
}

注釈

すべてのコンポーネントは Cake\Controller\Component を 継承しなければなりません。継承されていない場合、例外が発生します。

コントローラーの中にコンポーネントを読み込む

一旦コンポーネントが完成してしまえば、コントローラーの initialize() メソッド中で それをロードすることによって、アプリケーションのコントローラーで使用することができます。 ロードされた後、コントローラーはそのコンポーネントに由来する名前の新しいプロパティーを与えられ、 そのプロパティーを通してコンポーネントのインスタンスにアクセスできます。

// コントローラーの中で
// 標準の $this->Csrf と同様に
// 新しいコンポーネントを $this->Math として利用可能にします。
public function initialize()
{
    parent::initialize();
    $this->loadComponent('Math');
    $this->loadComponent('Csrf');
}

コントローラーの中でコンポーネントを読み込む時、コンポーネントのコンストラクターに渡す バラメータを宣言することもできます。 このパラメーターはコンポーネントによって処理することができます。

// コントローラーの中で
public function initialize()
{
    parent::initialize();
    $this->loadComponent('Math', [
        'precision' => 2,
        'randomGenerator' => 'srand'
    ]);
    $this->loadComponent('Csrf');
}

上記の例では precision と randomGenerator を含む配列が MathComponent::initialize()$config パラメーターに渡されます。

コンポーネントの中で他のコンポーネントを使用する

作成しているコンポーネントから他のコンポーネントを使いたい時がたまにあります。 その場合、作成中のコンポーネントから他のコンポーネントを読み込むことができ、 その方法はコントローラーから $components 変数を使って読み込む場合と同じです。

// src/Controller/Component/CustomComponent.php
namespace App\Controller\Component;

use Cake\Controller\Component;

class CustomComponent extends Component
{
    // あなたのコンポーネントが使っている他のコンポーネント
    public $components = ['Existing'];

    // あなたのコンポーネントに必要な、その他の追加のセットアップを実行
    public function initialize(array $config)
    {
        $this->Existing->foo();
    }

    public function bar()
    {
        // ...
   }
}

// src/Controller/Component/ExistingComponent.php
namespace App\Controller\Component;

use Cake\Controller\Component;

class ExistingComponent extends Component
{

    public function foo()
    {
        // ...
    }
}

注釈

コントローラーから読み込んだコンポーネントと違い、コンポーネントから コンポーネントを読み込んだ場合は、コールバックが呼ばれないことに注意して下さい。

コンポーネントのコントローラーへのアクセス

コンポーネント内から、_registry を介して現在のコントローラーに アクセスすることができます。

$controller = $this->_registry->getController();

任意のコールバックメソッドではイベントオブジェクトからコントローラーに アクセスすることができます。

$controller = $event->getSubject();

コンポーネントのコールバック

また、コンポーネントは、リクエストサイクルを増強することができる、 いくつかのリクエストライフサイクルコールバックを提供しています。

beforeFilter(Event $event)

コントローラーの beforeFilter メソッドの前に呼び出されますが、 コントローラーのinitialize() メソッドの です。

startup(Event $event)

コントローラーの beforeFilter メソッドの後、コントローラーの現在の アクションハンドラの前に呼び出されます。

beforeRender(Event $event)

コントローラーがリクエストされたアクションのロジックを実行した後、 ビューとレイアウトが描画される前に呼び出されます。

shutdown(Event $event)

出力結果がブラウザーに送信される前に呼び出されます。

beforeRedirect(Event $event, $url, Response $response)

コントローラーの redirect メソッドが呼び出された時に、 他のアクションより先に呼びだされます。このメソッドが false を返す時、 コントローラーはリクエストのリダイレクトを中断します。 $url と $response パラメーターを使用すると、リダイレクト先やレスポンスの 任意の他のヘッダーを検査や変更することができます。