3.8 移行ガイド

CakePHP 3.8 は 3.7 の API の完全上位互換です。 このページでは、3.8 の変更と改善についてのアウトラインを紹介します。

3.8.x にアップグレードするには、次の Composer コマンドを実行してください。

php composer.phar require --update-with-dependencies "cakephp/cakephp:3.8.*"

非推奨

  • Validator::allowEmptyString()allowEmptyArray()allowEmptyFile()allowEmptyDate()allowEmptyTime() 、および allowEmptyDateTime() は、 $field, $when, $message シグネチャ使用時に 非推奨警告を発するようになりました。代わりに $field, $message, $when を 使用するべきです。
  • EntityTrait::visibleProperties() は、非推奨になります。 代わりに、 getVisible() を使用してください。

振る舞いの変更

  • Cake\ORM\Table::findOrCreate() は、検索が失敗し $search から作成されたエンティティーに 無効なデータが含まれる場合、 PersistenceFailedException を投げるようになりました。 以前は無効なエンティティーが保存されていました。
  • $modelClass プロパティーが設定された Command クラスは、そのモデルをオートロードします。 空の引数を指定した手動の loadModel() の呼び出しはもう必要ありません。これにより、 シェルクラスの動作と一貫性が保たれます。
  • Cake\I18n\TimeFrozenTimeDate および FrozenDate のデフォルトフォーマットは、 デンマーク語や他のヨーロッパのロケールにおけるローカリゼーション問題を解決する yyyy-MM-dd'T'HH':'mm':'ssxxx になります。

新機能

Collection

  • CollectionTrait はクローンを作成するのに newCollection メソッドを使用するようになりました。 これにより、サブクラスは Collection を使用する代わりに、コレクションメソッドに それらのインスタンスを作成させることができます。

Console

  • Command::executeCommand() が追加されました。このメソッドは現在のコマンドから 別のコマンドを呼び出すのを簡単にします。

Datasource

  • Cake\Datasource\ModelAwareTrait::get() は完全修飾クラス名で モデルクラスを見つけることができるようになり、 ArticleTable::classget() のパラメーターとして使用できるようになりました。

Email

  • Email::setHeaders()Email::addHeaders() は、同じ名前の複数のヘッダーを 設定できるようになりました。そのため、上記の関数に渡される配列引数の中の特定のヘッダーキーの値は 配列でなければなりません。 例: $email->addHeaders(['og:tag' => ['foo', 'bar']]);

Http

  • Response::withCookieCollection() が追加されました。

ORM

  • Cake\ORM\Locator\TableLocator はテーブルクラスを別の場所に配置できるようになりました。 コンストラクターに名前空間のリストを提供するか、 addLocation メソッドを使用することができます。

Validation

  • Validator::notEmptyString()notEmptyArray()notEmptyFile()notEmptyData()notEmptyTime() および notEmptyDateTime() が追加されました。 3.7 で追加された allowEmpty* メソッドを補完するものとして機能します。
  • Validation::mimeType() は大文字小文字を区別しないで mime-types のチェックを比較するようになりました。
  • Validation::dateTime()iso8601 フォーマットをサポートします。

View

  • ラジオボタンは、複雑なオプション定義の中で label キーを使うことによって、 生成されたラベルをカスタマイズすることができます。 このキーはトップレベルのオプションで定義された label キーの代わりに使われます。