ブログチュートリアル

このチュートリアルでは、シンプルなブログアプリケーションを作成します。CakePHP を取得して インストールし、データベースの設定を行い、ブログの投稿記事の一覧表示 (list)、追加 (add)、 編集 (edit)、削除 (delete) などのアプリケーションロジックを作成します。

必要なもの:

  1. 動作しているウェブサーバー。Apache を使っているという前提で書いてありますが、 他の種類のサーバーを使用する場合でも、ほぼ同じにいけるはずです。サーバーの設定を 少し変える必要があるかもしれませんが、たいていの人は、そのままの設定で CakePHP を 動作させることが可能です。PHP 5.6.0 以上が動作していること、 そして PHP で mbstringintl が有効になっていることを確認してください。
  2. データベースサーバー。このチュートリアルでは MySQL を使用します。 データベースを作成できる程度の SQL の知識が必要です。その先は CakePHP が面倒を みてくれます。MySQL を使用するので、PHP で pdo_mysql が有効になっていることを 確認してください。
  3. PHP の基本的な知識。

それでは、はじめましょう!

CakePHP の取得

最も簡単な CakePHP のインストール方法は Composer を使う方法です。Composer は、 ターミナルやコマンドラインプロンプトから CakePHP をインストールするシンプルな方法です。 まだ準備ができていない場合、最初に Composer のダウンロードおよびインストールが必要です。 cURL がインストールされていたら、以下のように実行するのが簡単です。

curl -s https://getcomposer.org/installer | php

もしくは Composer のウェブサイト から composer.phar をダウンロードすることができます。

そして、CakePHP アプリケーションのスケルトンを使用したいディレクトリーにインストールするために、 インストールディレクトリーからターミナルに以下の行をシンプルにタイプしてください。 この例では、”blog” を使用しますが、他のものに自由に変更できます。

php composer.phar create-project --prefer-dist cakephp/app blog

Composer をグローバルにすでに設定している場合は、以下のようにタイプすることもできます。

composer self-update && composer create-project --prefer-dist cakephp/app blog

Composer を使うメリットは、 正しいファイルパーミッションの設定や、 config/app.php ファイルの作成などのような、重要なセットアップを自動的に完全にしてくれることです。

CakePHP をインストールする他の方法があります。 Composer を使いたくない場合、 インストール セクションをご覧ください。

CakePHP のダウンロードやインストール方法にかかわらず、いったんセットアップが完了すると、 ディレクトリー構成は以下のようになります。

/cake_install
    /bin
    /config
    /logs
    /plugins
    /src
    /tests
    /tmp
    /vendor
    /webroot
    .editorconfig
    .gitignore
    .htaccess
    .travis.yml
    composer.json
    index.php
    phpunit.xml.dist
    README.md

CakePHP のディレクトリー構造がどのように働くかを学ぶのにいい機会かもしれません。 CakePHP のフォルダー構成 セクションをご覧ください。

tmp と logs ディレクトリーのパーミッション

ウェブサーバーが書き込みを行うために、 tmplogs ディレクトリーに適切なパーミッションの 設定をする必要があります。インストールに Composer を用いた場合はこれはすでに終わっており、 “Permissions set on <folder>” というメッセージで確認できます。もしエラーメッセージが出ている場合、 または手動で設定したい場合は、ウェブサーバーを動作させているユーザーを見つけるために <?= `whoami`; ?> をウェブサーバーで実行するのが最も良いでしょう。 そしてそのユーザーにこれらの2つのディレクトリーの所有権を変更します。 実行するコマンドは (*nixで) このようになります。

chown -R www-data tmp
chown -R www-data logs

何らかの理由で CakePHP がそのディレクトリーに書き込めない場合は、 プロダクションモードでない限り警告で通知されます。

推奨はしませんが、もしこの方法でウェブサーバーに権限の設定ができない場合、 以下のコマンドを実行することで書き込み権限をフォルダーに与えることができます。

chmod 777 -R tmp
chmod 777 -R logs

データベースの作成

次に、ブログで使用する基礎的なMySQLデータベースをセットアップしましょう。データベースを まだ作成していないのであれば、このチュートリアル用に好きな名前で、 例えば cake_blog のような名前で空のデータベースを作成しておいてください。このページでは、 投稿記事を保存するためのテーブルをひとつ作成します。そしてテスト用に、いくつかの記事も投入します。 次の SQL をデータベースで実行してください。

/* まず、articles テーブルを作成します: */
CREATE TABLE articles (
    id INT UNSIGNED AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY,
    title VARCHAR(50),
    body TEXT,
    created DATETIME DEFAULT NULL,
    modified DATETIME DEFAULT NULL
);

/* それから、テスト用に記事をいくつか入れておきます: */
INSERT INTO articles (title,body,created)
    VALUES ('タイトル', 'これは、記事の本文です。', NOW());
INSERT INTO articles (title,body,created)
    VALUES ('またタイトル', 'そこに本文が続きます。', NOW());
INSERT INTO articles (title,body,created)
    VALUES ('タイトルの逆襲', 'こりゃ本当にわくわくする!うそ。', NOW());

テーブル名とフィールド名は適当に選んだわけではありません。CakePHP のデータベース命名規約と クラスの命名規約に従っておくと、(どちらも、 CakePHP の規約 の中で説明されています) たくさんの機能を自由に使うことができ、設定作業をする必要がなくなります。 CakePHP はレガシーなデータベーススキーマに対応できるくらい十分に柔軟ですが、規約に従うことで、 時間を節約できます。

詳細は、 CakePHP の規約 を参照してください。簡単に言うと、 ‘articles’ というテーブル名にしておけば、自動的に Articles モデルが呼び出され、’modified’ と ‘created’ というフィールドがあると、自動的にCakePHP が管理するようになります。

データベース設定

次に、どこにデータベースあるか、そしてどうやってテータベースに接続するかを CakePHP に伝えましょう。おそらく、これが何らかの設定が必要となる最初で最後です。

この設定はとても単純です。あなたのセットアップを適用するために config/app.php ファイルの中の Datasources.default 配列の値を置き換えてください。 完全な設定配列の例は、以下のようになります。

return [
    // More configuration above.
    'Datasources' => [
        'default' => [
            'className' => 'Cake\Database\Connection',
            'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            'username' => 'cake_blog',
            'password' => 'AngelF00dC4k3~',
            'database' => 'cake_blog',
            'encoding' => 'utf8',
            'timezone' => 'UTC',
        ],
    ],
    // More configuration below.
];

config/app.php を保存すると、ブラウザーでウェルカムページが表示されるはずです。 データベースへの接続ファイルがみつかり、CakePHPがデータベースにきちんと接続されていることをも示しています。

注釈

CakePHP のデフォルト設定ファイルは config/app.default.php にあります。

追加の設定

設定できる項目があといくつかあります。たいていの開発者はこれらの詳細なリストも仕上げますが、 このチュートリアルに必要不可欠、というわけではありません。ひとつは、セキュリティハッシュ用の カスタム文字列(「salt」ともいう)です。

セキュリティ用の salt は、ハッシュの生成に用いられます。 config/app.php を 編集し、デフォルトの Security.salt の値を変更してください。 この値は、ランダムで長い文字列にします。そうすることで推測がより困難になります。

'Security' => [
   'salt' => 'something long and containing lots of different values.',
],

mod_rewrite について

新しいユーザーは mod_rewrite でつまずくことがよくあります。例えば CakePHP の ウェルカムページが少しおかしくなったりします (画像が表示されない、CSS が効いていない)。 これはおそらく、システム上の mod_rewrite が機能していないということです。 URL Rewriting セクションを参照して、URL リライティングが有効になるように設定してください。

はじめての CakePHP アプリケーションを構築しはじめるには、続けて ブログチュートリアル - パート2 をご覧ください。