2.10 移行ガイド

CakePHP 2.10 は、2.9 の API の完全上位互換です。 このページでは、2.10 の変更と改善についてのアウトラインを紹介します。

コア

  • CONFIG 定数が追加されました。この定数のデフォルトは app/Config で、 3.x との前方互換性を向上させることを目的としています。

モデル

  • smallintegertinyinteger が新しい内部データ型に追加されました。 既存の SMALLINTTINYINT カラムは新しい内部データ型として反映されます。 TINYINT(1) カラムは、引き続き MySQL でブール型カラムとして扱われます。
  • Model::find() は、新たに havinglock オプションをサポートします。 それは HAVINGFOR UPDATE のロック句を追加することができます。
  • TranslateBehavior は、新たに LEFT JOIN での翻訳の読み込みをサポートします。 この機能を使用するためには joinType オプションを使用してください。

コンポーネント

  • SecurityComponent は、デバッグモードでフォーム改ざんや CSRF 保護が失敗した場合、 より詳細なエラーメッセージを出すようになりました。この機能は 3.x からのバックポートです。
  • SecurityComponent は、リクエストデータのない post リクエストを破棄します。 この変更は、データベースのデフォルト値のみのレコードを作成する動作を防ぐのに役立ちます。
  • FlashComponent は、同じタイプのメッセージを積み重ねます。この機能は、 3.x からの バックポートです。この動作を無効にするためには、 FlashComponent の設定に 'clear' => true を追加してください。
  • PaginatorComponent は、 queryScope オプションを介して複数のページ制御を サポートします。データをページ制御するときに、このオプションを使用すると、 PaginatorComponent はルートクエリー文字列データの代わりに スコープ付きクエリーパラメーターからの読み取りを強制します。

ヘルパー

  • HtmlHelper::image() は、 base64 オプションをサポートします。 このオプションは、ローカルの画像ファイルを読み込み、base64 データ URI を作成します。
  • HtmlHelper::addCrumb()prepend オプションが追加されました。 これにより、パンくずリストを後に追加するのではなく、前に付けることができます。
  • FormHelper は、 smallintegertinyinteger 型の 『numeric』 入力を 作成します。

ルーティング

  • Router::reverseToArray() が追加されました。